プロペシアのおまじない!希望を見出すフィンペシア

育毛剤のプロペシア

プロペシアとフィンペシアはAGA(男性型脱毛症)に悩む男性の根本を改善・治療していく医薬品であり育毛剤です。
日本全国で1300万人近くが発症しているとされてる頭髪脱毛症です。思春期以降に発症する進行性の脱毛症のことである。

フィンペシアはプロぺシアのジェネリックになっており育毛剤の中では評価が高く人気の医薬品となっております。
ジェネリック品は新薬と同じ有効成分、同じ効目で格安の値段で購入ができ安全性に違いは在りません。
新薬とは新しい有効成分・使用法が開発して、最初に販売さてる医薬品の事を言います。
ジェネリックは新薬に開発にかかった研究開発、、特許取得にかかった費用が新薬に比べて高いコストを払う事がない為、価格の値段で購入可能となります。

個人輸入の代行会社サイトで見比べてお分かりのように、販売価格が全く違いジェネリック薬品はコストを抑え先発薬の価格より約半分以下の価格で購入可能となっております。
一方、病院で処方した場合は5千円から8千円ほどかかります。成分が同一ならば安い方がお得ですね。
又製造国はフィンペシアを製造しているのがインドの大手製薬会社のシプラ社。
プロペシアは米アメリカのメルク社となり、どちらも大手の会社ですが、インドでの製造が不安の方が多くいらっしゃいますが、どちらも海外に医薬品を販売している大手会社な訳ですがインドの製薬会社と聞けば不安を持つ方が多くいらしゃいますがシプラ社はインドの国内だけではなく、アジア、南米、アフリカやEUと全世界に広がってるのです。
ですので、製薬会社がインドと聞いてもそこまで悩む必要は無いでしょう。

そして、育毛剤と言っても医薬品ですので気になる副作用には注意が必要となってます。
副作用は腹痛、頭痛、下痢、眠気がといった医薬品によくみられますが、一番注意しなければならないのが、「男性の性機機能低下」です。
EDは服用中の時になりますが、服用をやめたら回復しますので、安心してください。
副作用は体調や体質などで左右されます事をご理解頂きたい。
これはおまけになりますが、薄くなった頭に更なる希望を見出してくれるのがミノキシジルになります。ミノキシジルだけでも十分な育毛効果はあるのですが、プロペシアと併用して使うと相乗効果でより高い育毛効果があることが実証されています。